骨盤矯正の時期

 

骨盤矯正の時期を確認しよう

産後に骨盤矯正をする人が多くなっています。

しかし、いつからいつまで行えばいいのか
分からない人もいることでしょう。

では、適している時期は、
いつからいつまで
になるのでしょうか?

もちろん、産後すぐに行うのは体によくありません。

産後の状態をチェックする

骨盤矯正の時期を決める前に、
産後すぐの状態をチェックしましょう。

通常、産後1ヵ月程度は悪露が出ることがあります。

産後に水仕事をしてはいけないと
昔からよく言われているとおり、
産後すぐの体には出産の影響が残っているのです。

まずは、安静に過ごすことをお勧めします。

 

産後1ヵ月程度になると、
腰痛や恥骨痛に悩まされる人もいます。

このくらいの時期から骨盤矯正を始めましょう。

腰痛や恥骨痛があらわれていることが、
骨盤の歪みの証拠でもあるからです。

骨盤矯正の時期を決める

150714130788_tp_v

腰痛や恥骨痛があらわれ始めたら、
産後ガードルといった骨盤矯正の商品を使います。

もちろん、以前から通っている整体院があるのなら、
整体院で骨盤矯正をしてみるというのもお勧めです。

やりやすい方を選択します。

 

また、何もせずに過ごしていても、
自然に骨盤は閉じてくるものです。

特に、腰痛や恥骨痛があらわれていない人は、
自然にまかせてみるのもいいかもしれません。

骨盤は、だいたい産後6ヵ月で閉じると言われています。

骨盤矯正をするのなら、
産後6ヵ月辺りを目指して行うと、
ちょうどいいかもしれません。

体の調子を見ながら行う

骨盤矯正の時期は、各人によって違ってきます。

産後2ヵ月~6ヵ月が目安とはいえ、
人によって体の状態は異なるからです。

産後ガードルが体に合わない場合には、
かえって腰痛が悪化してしまうこともあります。

合わない場合には、すぐに別の商品に変えるか、
ストレッチやヨガといった
別の骨盤矯正方法に変えることをお勧めします。

 

また、骨盤矯正をしないと体のラインが
美しくなくなると焦りを感じ、無理に行う人もいます。

産後の体の状態が悪い中、無理に行うのは危険です。

そもそも、家事や育児をしながら骨盤矯正も行うとなると、
無理がたたってしまうこともあります。

ストレスを感じることなく、
無理のない範囲で行うことが大切です。

家事や育児に支障が出ないようにする

骨盤矯正のことばかり考えて、
家事や育児がおろそかになってしまっては困ります。

特に、整体院に通って骨盤矯正を行う人は、
その間、家事や育児を誰かに頼むこともあるはずです。

頼めない人は、自宅で産後ガードル
用いて行った方が効率的です。

産後ガードルは履くだけでいいので、とても楽です。

ただし、商品によって使用期間が違っています。

出産直後から使える骨盤ベルトもあるので、
いろいろと比較してみることが大切です。

助産師さんや担当医に相談してみるのもいいと思います。

産後ガードルを使用するお勧め時期

産後ガードルは、このようにして使いましょう。

・産後2ヵ月~6ヵ月使用する。
・元々、腰痛のある人は産後すぐに使えるタイプを使う。
・きつかったり、腰痛が悪化したりしたら、やめる。
・ストレスを感じることなく、無理のない範囲で使用する。

要は、自身が楽に感じられる期間だけ、
使用することがポイントです。

矯正期間が終わってからの注意点

産後6ヵ月程度経つと、
多くの人は産後ガードルを卒業します。

ところが、これで一安心というわけではありません。

自堕落な生活を送っていると、
いつどんなタイミングで下半身太りをしたり、
骨盤が歪んだりするか分からないからです。

特に、日頃から姿勢の悪い人は骨盤が歪みやすいので、
注意が必要です。

そこでお勧めなのは、筋トレです。

適度に筋トレを行えば、
骨盤周りに筋肉がつきます。

筋肉がつけば、ちょっとしたことでも
骨盤が歪むことはありません。

定期的に腹筋を鍛えましょう。