産後ガードル

産後に悩まされること

産後、お腹の皮がたるんでしまったり、
腰痛がひどくなったり
することがあります。

これは、出産をした人なら
誰しも起こり得ることです。

しかし、人によってはスムーズに
改善することもあります。

では、どんなふうにすれば改善できるのでしょうか?

産後ガードルの必要性を感じる理由

産後、なかなかお腹の皮のたるみが元に戻らなかったり、
腰痛が改善しなかったりした人が、
産後ガードルを使うことで改善することがあります。

通常、お腹の皮のたるみは
自然と元に戻っていくものです。

しかし、骨盤が歪んでいたり、
腹筋が弱くなっていたりすると
元に戻らないこともあります。

自然の力では難しいのなら、
骨盤矯正をするしかありません。

骨盤矯正用の産後ガードルは、
いろいろな種類があります。

口コミを参考にしてみよう

産後ガードルを使った人と
使わなかった人の声を確認してみましょう。

「教えて!goo」や「YAHOO!知恵袋」
などの質問サイトでも、
この手の話題が多くなっています。

産後ガードルを使った人

A子


・産後1週間~4ヵ月間使用した。使わなくなった途端、腰回りに肉がついた。


B子


・腰痛やお尻の痛みが激しく、担当医に勧められた商品を購入した。


あや


・産後1ヵ月の体型を見てからネットで購入した。

産後ガードルを使わなかった人

C子


・締め付けがきつくて耐えられず、トイレも大変なので使わなかった。


A子


・真夏はかぶれやすいので使えず、筋トレを頑張った。


B子


・産後、何もしなかったら、妊娠前のパンツが履けなくなった。

上記のように、
使わなくても自然に元に戻った人はいます。

それでも、使った方が効率的です。

特に、モデルなどの体型が影響しやすい仕事に就いている人は、
しっかり体型を戻す必要があります。

産後ガードルの必要性がある人

産後ガードル

体型を仕事にしている人(モデルなどの芸能人)の他にも、
産後ガードルの必要性がある人はいます。

下記のような人たちです。

・代謝が低下し、太りやすくなったり、免疫力が下がったりした人。
・産後、冷え性になった人。
・第二子を産みたい人。
・尿トラブルが起きてしまった人。

これらの中でも、第二子を産みたい人は
骨盤を整えておく必要があります。

骨盤が安定していないと、
次の出産が大変になってしまうからです。

そのためには、産後ガードルで骨盤矯正をしましょう。

それから、尿トラブルが起きるようになった人は、
産後の骨盤の歪みを放置していたことが原因かもしれません。

骨盤底筋が緩んでしまうと、
尿漏れが起きやすくなるからです。

産後ガードルで、しっかりと骨盤を固定しましょう。

そのままにしておくと、
歳を取ってから尿漏れ体質になってしまうこともあります。

産後ガードルは必要性がある

上記のような様々な理由から、
産後ガードルは必要性があると言えます。

何もしないよりもした方が効果を期待できるからです。

ただし、あまり締め付け過ぎて苦しく
なってしまうようでは困ります。

サイズなど、自身に合うものを見つけることが重要です。

商品の比較をじっくり行うことをお勧めします。