産後ガードル

産後ガードルはなぜ必要なのか

産後の体型を元に戻すために、
産後ガードルなどの体型リフォーム商品を使うことがあります。
自然に任せたいという人は、無理に使わなくても構いません。
しかし、最近は病院側で使うように勧められることも増えてきています。

というのも、産後ガードルを使わないと子宮が元に戻りにくくなったり、
腰痛がひどくなったりといった症状が起こることもあるからです

できれば使った方が安心です。

産後ガードルはいつから使うべきか

では、産後ガードルはいつから使ったらいいのでしょうか?
産後すぐに使うと、まだ悪露が落ち着いていない場合もあります。
悪露が落ち着いた頃を目安にしましょう。

だいたい産後1~2ヵ月が適していると言われています。
もちろん、産後の体調が悪いのなら使わなくても構いません。
産後ガードルは締め付け感があるため、
体調が悪い時に使うと、かえって状態を悪くしてしまいます。

産後ガードルの特徴と注意点

産後ガードル
産後ガードルといっても、いろいろなものがあります。
例えば、引き締め感が強いものもあれば弱いものもあるので、
じっくり比較してみましょう。
お店で試着すれば適切なものを選べます。

特に注意すべき点は、
あまりサイズが小さいものを選ばないことです。
スタイルが良くなりたいと思い、
あえて小さいサイズを選ぶ人がいます。

しかし、小さ過ぎると血行が悪くなり、
気分が悪くなってしまうこともあるのです。

ひどくなると冷え性になったり、
新陳代謝が悪くなったりします。
新陳代謝が悪くなれば、
当然、ダイエット効果も期待できません。
かえって、スタイルが悪くなってしまうこともあります。

無理なく使えるものを選びましょう。

産後ガードルの種類

産後ガードルは大きく分けて二通りあります。
ハードタイプソフトタイプです。
それぞれの特徴を見てみましょう。

ハードタイプ

締めつけ感が強い。
ガードルに慣れてきたら使いやすく感じられる。
比較的、長く使用できる。

ソフトタイプ

締めつけ感が弱いため、産後すぐからでも使えることがある。
パンティタイプで履きやすいものが多い。
ハードタイプがきつかった人にお勧め。

それぞれ違うので、
体調に合わせて使い分けてみるといいかもしれません。
また、産後の骨盤矯正のために長く使うものだからこそ、
肌に優しく苦痛にならないものを選ぶようにしましょう。

産後ガードルはいつまでつけるの?

産後ガードル
産後1~2ヵ月でつけ始めた産後ガードルですが、
いつまでつけたらいいのでしょうか?
そもそも、産後ガードルをつける目的は子宮の回復や骨盤矯正のためです。
つまり、これらが改善すれば、
もうつける必要はありません。

子宮の回復や骨盤が元に戻るまでには、
産後6ヵ月かかると言われています。

産後ガードルも産後6ヵ月を目安につけ続けることをお勧めします。

もちろん、それよりも前に自身で体型が元に戻ったと感じたら、
やめてしまっても構いません。
体調と相談しながら、やめる時期を決めましょう。