骨盤ベルト

産後の体型戻しにはどうすべきか

産後の体は、お腹の皮がたるみ、
子宮の大きさも戻らないため、まだお腹は大きいままです。
産後6ヵ月をかけて
だんだんと子宮が元の大きさに戻ってきます。
それまでは、お腹が大きかったり、
下腹がたるんでいたりしても仕方がありません。

しかし、多くの女性は見た目を気にしてしまいます。

すぐに痩せたい
元の体型に戻りたい

と思うのが女心でもあります。

そこで、産後の体型戻しのために骨盤ベルトを使う人が増えてきています。
産後の体型戻し用として売られている骨盤ベルトを使ってみましょう。

なぜ産後の体型戻しに骨盤ベルトがいいのか

産後の体型戻しに骨盤ベルトが使われるのは理由があります。
産後の子宮や骨盤は広がったままです。
それを正しい位置に戻すために、
骨盤ベルトが必要になるというわけです。

骨盤ベルトはいろいろな商品が販売されています。
主に、骨盤の位置に巻くベルトタイプとなっており、
ただ巻くだけでいいので、とても楽です。

いつから使用すべきか

骨盤ベルト
産後の体型戻しで骨盤ベルトを使用するのなら、
産後すぐに使った方がいいのだろうかと思う人もいることでしょう。
実は、産後すぐに使ってはいけません。
産後すぐの子宮と骨盤は安定感がないので、
衝撃を与えると歪んでしまいます

つまり、無理やり、骨盤ベルトで締め付けてしまうと、
かえって子宮や骨盤の位置を歪ませてしまうかもしれないのです。
ある程度、状態が落ち着いてきてから使用することをお勧めします。

では、いつ頃からがいいのかというと、
産後1ヵ月程度です。
この頃には悪露なども落ち着いてくるはずです。
もちろん、助産師さんなどに相談した上で、
使用始めを決めましょう。

注意すべきなのは帝王切開の人です。
帝王切開の人は骨盤ベルトが傷口に当たってしまうので、
傷口が落ち着いてから使います。
産後2ヵ月辺りが目安です。

産後すぐに使える骨盤ベルトもある

どうしても早くから体型戻しに取り掛かりたいという人には、
産後すぐに体型戻しができる骨盤ベルトを利用してみましょう。
代表的なものは「トコちゃんベルト」です。
有名なので、耳にしたことのある人も多いはずです。

→ トコちゃんベルト 2

助産師さんなどに相談してみても

トコちゃんベルトなら使ってもいい

と言われることがあります。
助産師さんなら巻き方にも詳しいので、教えてもらうと安心です。

その他の骨盤ベルト

トコちゃんベルト」の他にも代表的な骨盤ベルトはあります。

・ピジョン「産前産後マタニティベルト」

→ ピジョン妊婦帯 長く使える産前産後マタニティベルト

・ワコール「産前&産後骨盤ベルト」

→ [ワコール マタニティ]産前&産後 骨盤ベルト

・犬印本舗「なが~く使えるマタニティベルト」

→ ◎犬印本舗 犬印なが〜く使えるマタニティベルト


商品の特徴を比較して、合うものを探してみましょう。

いつまで使用すべきか

骨盤ベルト
産後の体型戻しに骨盤ベルトを使うにしても、
いつまで使えばいいのか、分からない人もいます。
骨盤は産後6ヵ月で正しい状態に戻るため、
産後6ヵ月を目安に使いましょう。
骨盤が閉じてしまってから骨盤ベルトを使っても、
なかなか骨盤矯正はできません。
この点は覚えておいた方がいいかもしれません。

骨盤ベルトが合わない人はどうするの?

どの骨盤ベルトを使っても痛かったり、
効果を実感できなかったりする人は、
別の方法で骨盤矯正をしてみましょう。
ストレッチヨガピラティス整体といった方法があります。

自身に合う方法で無理なく行うことが大切です。