産後ガードル いつから いつまで

出産後の骨盤状態を調べてみよう

出産が終わると、それだけでホッとしてしまう人も多いと思います。
しかし、まだまだ油断はできません。

今度は、出産後の体に変化が見られるようになるからです。
まず、出産後の骨盤状態はどのようになるのか、把握しておくことをお勧めします。

妊娠中、自宅で安静にしている時など、インターネットで調べてみるといいかもしれません。

妊娠前と全く違う

出産後の骨盤状態は、赤ちゃんがお腹から出て行ったため、開いたままになっています。
つまり、骨盤がゆるんで広がっている状態になります。
ゆるんだままの骨盤は不安定です。

そのため、ちょっと体を動かしただけでも骨盤が歪んでしまいます。
これが、いわゆる「骨盤の歪み」というものです。

骨盤が歪んでしまうと、体調にも変化が出てしまうことがあります。
代表的なものは腰痛です。

出産後に腰痛が悪化したという人は、骨盤の歪みが原因かもしれません。
ちなみに、妊娠前の骨盤は、左右対称の逆三角形のような形になっています。

ところが、妊娠後は関節がゆるみ、逆三角形の下部分が開いてきます。
出産後は、この開いた部分を閉めて、元の状態に戻さなくてはなりません。

出産後に見られる様々な状態

骨盤

出産後、骨盤に歪みがあると、下記のようなことが起こりやすくなります。

・腰痛が悪化した。
・下半身が太ってきた。
・便秘がちになった。
・冷え性になった。

これらは出産後の骨盤状態として代表的なものと言われています。
下半身が太ってきたり、冷え性になったりするのは、骨盤の歪みによって血流が悪くなるからです。

血流が悪くなると、当然、代謝も悪くなります。
それで下半身が太ってきたり、便秘がちになってしまったりするのです。

出産前から骨盤が歪んでいる人もいる

実は、出産前から骨盤が歪んでいる人もいると言われています。
元々、姿勢が悪かったり、腰痛持ちだったりする人です。

そのまま妊娠・出産を経てしまうと、さらに状態が悪くなってしまうことは言うまでもありません。
このような人は、できるだけ早い段階から骨盤矯正を行うことをお勧めします。
出産前から産婦人科の担当医に相談するなど、対策が必要です。

どうすれば戻るのか

bsC845_kamerajyosi
開いてしまった骨盤は、徐々に元の状態に戻ってきます。
何もしなくても自然と戻っていくのですが、体を動かして骨盤が歪んでしまった場合には、それがスムーズにいかなくなります。

腰痛がなかなか治らなかったり、様々な体調不良が続いたりしている人は、
骨盤が元に戻っていないせいかもしれません。

中でも、腰痛がひどい人は注意が必要です。
自然に骨盤が戻ることは難しいため、矯正する必要があります。

産後ガードルを活用しよう

出産後、様々な体調不良に悩まされている人には、
骨盤矯正がお勧めです。

出産後、産後ガードルを利用する人も増えてきています。
産後ガードルを使用すれば、手軽に骨盤矯正ができるので、とても楽です。

ただし、産後に買いに行くのは大変です。
育児の傍ら、自身の産後の体も心配なので、できれば出産前に用意しておくことをお勧めします。

用意できなかった場合には、出産後であっても通販なら購入可能です。
最近は様々な商品があるので、インターネットでじっくり商品比較をしてみるといいと思います。

→ トピナガードルの詳細はコチラから