リフォームインナーの準備

リフォームインナーの準備はいつから?

リフォームインナーの準備は、
早ければ早いほどいいものです。

その方が商品をじっくり比較できるからです。

商品によっては産後すぐに利用できるものもあります。

入院中に持ち込んで、出産をしたら
すぐにつけられるようにするといいかもしれません。

 

また、産後に買いに行けないこともあります。

産後1ヵ月は安静に過ごした方がいいからです。

インターネットでも購入できるので、
最初から通販での購入を検討している人は、
産後にゆっくりと通販サイトをチェックしてみてもいいと思います。

入院必要リストを見てみよう

出産のために、入院必要リストを
病院から貰うことがあります。

そこに、産後ガードルなどの
リフォームインナーが記載されている場合があります。

もちろん任意のところが多いので、
必ずしも準備をする必要はありません。

気になる人は「念のため」準備をしておくと安心です。

また、特に記載されていない場合は、
あまり気にしなくても構いません。

できるだけ荷物を少なくしたいという人も、
無理に準備はしなくてもいいでしょう。

サイズのチェックが重要

リフォームインナーの準備にあたって、
いくつかの注意点があります。

多くの人は、妊娠8ヵ月辺りから出産準備に入るものです。

入院グッズを購入する時に、
リフォームインナーも一緒に購入します。

 

ただし、この時期はサイズの試着ができません

というのも、既に大きなお腹になってしまっているからです。

産後に使用するリフォームインナーの
サイズとは明らかに違っています。

実際に「いざ購入しようと思ったら試着できなかった」
という失敗談が多くなっています。

 

では、もっと前に購入した方がいいのでしょうか?

そうなると、お腹が大きくなる前に
準備をすることになります。

これはいくら何でも早すぎます。

マタニティグッズなどを取り揃える時は、
とりあえず、下見程度にしておきましょう。

下見をしておけば、産後すぐに購入できます。

購入に適切な時期

購入

リフォームインナーの準備は早い方がいいものの、
サイズを考えると産後の方が適切です。

産後の体の状態に合わせて購入した方が、
ピッタリサイズの商品を購入できるからです。

産後すぐにリフォームインナーを使わないのなら、
産後1ヵ月程度、様子を見てからにしてもいいかもしれません。

リフォームインナーの使用時期は、
産後2ヵ月~6ヵ月の間が理想的だと言われています。

そのため、産後1~2ヵ月の間に、
通販サイトをいろいろと比較してみましょう。

リフォームインナーの準備時期まとめ

リフォームインナーの準備時期は、
大きく分けて二つあると言えます。

・入院時から利用できるタイプ→妊娠8ヵ月辺りで購入。
・産後から利用できるタイプ→産後2ヵ月辺りから購入。

このように、タイプによって購入時期は異なります。

どちらを使うか、まずはその点を決めることが大切です。

後者の場合、産後1~2ヵ月は
自宅で安静に過ごすことが一般的です。

通販商品でもいいのなら、
じっくりと自宅で考えることができます。

慌てて購入することはありません。

出産前と出産後では人気の商品も
変わってくるかもしれません。

また、新商品が発売することもあるはずです。

慌てて購入して後悔することのないように気をつけましょう。

口コミなどを参考にして、じっくり準備することをお勧めします。